EAGLE工法/金城重機株式会社

沖縄の基礎工事の施工、設計、掘削・ハンマーなどの特殊工法などを行う会社です

EAGLE工法

平成19年12月 拡底杭を超えた拡底杭 EAGLE工法 を開発! 評定取得しました。 アースドリル工法により軸部の掘削をした後、杭先端部を専用の掘削バケットEAGLE掘削を用い拡大掘削することにより場所打ちコンクリート拡底杭を構築する工法です。

特徴

    • 杭の先端支持力が約5倍

拡底部の面積が軸部の約5倍と従来の3.2倍を大きく上回り、またコンクリートの設計基準強度も42N/mm2まで使用可能です。

    • コストの削減

杭1本あたりの支持力が大きいため、杭の本数が少なくてすみ、掘削土量・コンクリート量など減少できます。その結果工期短縮にもつながります。

    • 機械式バケット

油圧ユニットを必要とせず、小バケットで高拡底率の杭を小型のアースドリルで施工可能なため狭い敷地でも工事可能です。また、外殻構造および先端スタビライザーによってスライムの収納が容易で芯ぶれがない拡幅施工が可能です。

    • 杭傾斜角12°を超えた17.8°

従来までの拡底部の傾斜角12°を超越し、最大傾斜角17.8°となっております。そのため同じ拡底率でもバケットの高さが低く、排土が容易でスムーズな施工が可能です。

    • 広範囲な拡底サイズの選択

EAGLE杭工法では、最小径φ700から最大径φ4700までの施工が可能で、広範囲な杭サイズが選択でき、自由度の高い杭設計・施工が可能です。

    • 拡底部までのスライム処理

偏芯撹拌翼スライムポンプにより、従来不可能だった拡底部までのスライム処理が可能です。

    • 機械式孔壁測定

EAGLE工法では機械式孔壁測定器により、気中・高濃度安定液・大径杭にもかかわらず、確かな孔壁測定が可能です。

施工管理システム

ワイヤーの変位量の計測のみで出来る簡易な管理システム

  

拡底部分のスライムを浮遊させながらポンプで吸い上げることにより、拡底部全体のスライム処理を行う。

 

EAGLE振興機構の構成

 

 

EAGLE振興機構の会員は、

  1. 設計折込会社
  2. 杭施工会社
  3. 杭施工管理会社
  4. EAGLE杭発注会社

等から成り立ち、EAGLE杭の振興に努める会社で構成しています。

拡底率表

自由度の高い拡底選択となっております。

 

Eagle_Table_Figのサムネイル

金城重機株式会社
沖縄県中城村字当間574-8
工事部・営業部:098-943-6910
総務部:098-895-5977
FAX:098-895-5978

沖縄県の地盤の専門家。基礎工事の設計・施工・地盤調査・土地改良など、多くの実績と確実な工事で地域開発に貢献しております。マンション、空港、公共施設、大型建築物などの基礎工事は金城重機株式会社へご相談ください。

2010 - 2017 © 金城重機株式会社
Top