杭抜工事/地中障害物撤去工事(アポロン工法)/金城重機株式会社

沖縄の基礎工事の施工、設計、掘削・ハンマーなどの特殊工法などを行う会社です

杭抜工事/地中障害物撤去工事(アポロン工法)

1.振動・騒音が少ない為、街中での施工に適している。
2.ケーシングを継ぎ足すことにより50mクラスの杭を引き抜くことが出来る。
3.杭抜機組立には、5時間程度を要する。

施工機種

  • 16tラフターベース
  • 25tラフターベース
  • 35tラフターベース
  • 50tラフターベース
  • 55tテレスコクローラクレーンベース
  • 75tテレスコクローラクレーンベース

引抜可能杭

<引抜可能杭種類>
PC杭・RC杭・三角杭・摩擦杭・BH杭・鋼管杭・根固めH杭・松杭
他・アース杭

<引抜可能杭径>
Ф200mm~Ф800mm

<引抜可能杭長>
L=45m (杭重量等の検討が必要)

<当社最長引抜実績>
PC杭 Ф450mm-L=45m
アース杭 Ф1500mm-L=43m

施工事例

 

金城重機株式会社
沖縄県中城村字当間574-8
工事部・営業部:098-943-6910
総務部:098-895-5977
FAX:098-895-5978

沖縄県の地盤の専門家。基礎工事の設計・施工・地盤調査・土地改良など、多くの実績と確実な工事で地域開発に貢献しております。マンション、空港、公共施設、大型建築物などの基礎工事は金城重機株式会社へご相談ください。

2010 - 2017 © 金城重機株式会社
Top