ダウンザホール工法/金城重機株式会社

沖縄の基礎工事の施工、設計、掘削・ハンマーなどの特殊工法などを行う会社です

美しい沖縄の街並みを支える地盤スペシャリスト。

ダウンザホール工法

ダウンザホール式とは、ドリルロッドの先端にエアハンマを接続して削孔深度に応じて上部にロッドを継足す方法で、すなわち削孔と同時にエアハンマが削孔内を下がっていく方式です。

ハンマの動作は、コンプレッサからのエアをロッドを通して供給すると、シリンダー内のピストンが往復運動をし、打撃を行います。さらに、このビットの先端チップが岩を破砕して、細かく破砕されます。

ダウンザホール配管系統図

施工例

現場名 南大東港(北地区)岸壁(-5.5m)工事 杭詳細 φ600

<<前に戻る

金城重機株式会社
〒901-2406 沖縄県中頭郡中城村当間574-8
本社
Tel:098-895-5977
Fax:098-895-5978
工事部・営業部
Tel:098-943-6910
Fax:098-895-6110
金城重機株式会社は地盤基の礎工事(施工・設計)や特殊な工法を行う沖縄県の会社です。多くの実績と確実な工事で地域開発に貢献しております。数多くの工法や重機ラインナップを用意して、様々なインフラ整備をお手伝いを行っております。 マンション、空港、公共施設、大型建築物などの基礎工事は金城重機株式会社へご相談ください。
2010 - 2018 © 金城重機株式会社
沖縄のブランドコンサルティング ML Design(エムエルデザイン)