土留部材引抜同時充填工法/金城重機株式会社

沖縄の基礎工事の施工、設計、掘削・ハンマーなどの特殊工法などを行う会社です

美しい沖縄の街並みを支える地盤スペシャリスト。

土留部材引抜同時充填工法

地盤沈下の変位を抑制

鋼矢板、H鋼などに代表される土留部材は仮設工事で頻繁に用いられています。
本工事終了後、仮設構造物を撤去する際、この土留部材を引き抜くと地盤沈下の原因となります。

そのため民家や埋設管の近くに打設された場合、残置するのが一般的でした。
この工法では土留部材を引き抜くと同時に充填管から専用の充填剤を連続的に注入する事で、
地盤沈下を抑制、安全に土留部材を回収する事ができる画期的工法です。

<<前に戻る

金城重機株式会社
〒901-2406 沖縄県中頭郡中城村当間574-8
本社
Tel:098-895-5977
Fax:098-895-5978
工事部・営業部
Tel:098-943-6910
Fax:098-895-6110
金城重機株式会社は地盤基の礎工事(施工・設計)や特殊な工法を行う沖縄県の会社です。多くの実績と確実な工事で地域開発に貢献しております。数多くの工法や重機ラインナップを用意して、様々なインフラ整備をお手伝いを行っております。 マンション、空港、公共施設、大型建築物などの基礎工事は金城重機株式会社へご相談ください。
2010 - 2018 © 金城重機株式会社
沖縄のブランドコンサルティング ML Design(エムエルデザイン)